ユニバーサルデザインへの取り組み

印刷向けページを表示

当WEBサイトでは、ブラウザなどの環境を問わず快適にページが閲覧できるように様々な工夫を取り入れております。

文字サイズの変更方法

文字サイズ変更ボタンを利用する場合

文字サイズ変更ボタン 当WEBサイト中の文字の大きさは、画面右上の「文字サイズ変更ボタン」にて任意のサイズに簡単に変更できます。
ページ内の文字が読みにくいと感じられるときは文字サイズを変更して閲覧ください。
※Javascript/Cokkieを有効にしてお使いください。

また、お使いのブラウザの設定を変更することでも文字の大きさを変更することができます。
設定手順はブラウザごとに異なりますので下記を参考に変更してください。

ブラウザで文字サイズを変更する(インターネットエクスプローラー8の場合)

IE8での文字サイズ変更

  1. ブラウザ上部メニューから「ページ」→「文字のサイズ」を選択します。
  2. 「最大」「大」「中」「小」「最小」より文字の大きさを選択してください。

表示画面全体を拡大・縮小表示する

Ctrlキーを押しながらマウスホイールを回転させると(もしくは「Ctrl」+「+または-」)ブラウザ内画面を拡大・縮小することができます。(Windowsの場合)

サイト内ページの印刷方法

印刷向けページを表示する

印刷向けページ表示ボタン 当WEBサイト内の各ページ右上には「印刷向けページ表示」ボタンが設置されています。
このボタンをクリックすると、各ページ内コンテンツのみを表示したページ(ヘッダ・フッタやナビゲーションが省かれた状態)が別ウィンドウで表示されます。 コンテンツ情報のみを印刷・利用されたい場合にご活用ください。

また、ページ全体のデザイン・レイアウトをそのまま印刷されたい場合はブラウザの印刷機能をご利用ください。 印刷手順はブラウザごとに異なりますので下記を参考にしてください。

ブラウザの印刷機能を利用する(インターネットエクスプローラー8の場合)

IE8の印刷プレビュー画面

  1. ブラウザ上部メニューから「印刷」→「印刷プレビュー」を選択します。
  2. ご利用の印刷設定(用紙など)に合わせて表示比率を選択、印刷してください。

WEB標準に基づいたサイト構成

「WEB標準」− 誰もが使えるバリアフリーなサイトを目指して

インターネットの普及につれ、ユーザーはサイトをブラウジングする環境を自由に選択できる時代になってきています。近年ではこのような多種にわたる環境の増加に伴い「サイトを閲覧しようとする方誰もが平等に情報を得られる環境づくり」が推奨されています。
これらは一般的に「WEB標準」と呼ばれています。

当サイトでは、この「WEB標準」を意識したサイト構築を行っております。
様々な閲覧者の環境を想定し、できるだけ多くの方に情報を提供できるよう努力しております。

ページ最上部へ