入院案内

印刷向けページを表示

入院手続き

原則としてご家族とご同伴の上、ケースワーカーを通じ手続きを行ってください。

■入院申込書、診療費支払い、保証書、その他の手続き
■精神保健福祉法上の手続き

※入院形態によって、ご家族の同意書・任意入院同意書が必要になります。

入院生活

お互いに、より良い環境の中で気持ちよい入院生活を送り、効果的な治療が受けられるよう、下記のことをお守りください。

  • 入院中の規則と行動は病棟の説明をお聞きください。
  • 非常時は、医師・看護師・病院職員の指示または誘導に従って行動してください。
  • 当院では、医療事故防止・誤認防止のために、顔写真の提出をお願いする場合があります。
  • 自室入り口に名札を付けておりますが、希望されない方はお申し出ください。
  • 貴重品や高額商品など、個人の所持品の破損や紛失などの責任は負いかねます。お持ち帰り下さい。

外泊・外出

希望される方は3日前までに病棟スタッフにお申し出ください。(食事の有無も同時にお願いします。)
病状によっては制限や延期をする場合があります。

主な内容

身体ケア 検温等を行い、身体゙の状態を確認します。薬の希望や面接などお申し出下さい。
食事 適時、適温でご提供しています。特別メニュー(別料金)もございます。
服薬 スタッフルームで管理しています。個々の症状に合わせた服薬管理をしております。
入浴 大浴場で入浴できます。
洗濯 コイン式洗濯機、乾燥機を常備しております。また専属業者への委託もございますのでご相談下さい。
面会 9:00〜17:00となっております。ご都合等で時間外での面会を希望される場合は、この限りではございませんのでお問い合わせ下さい。
作業療法 スポーツや工芸、音楽や園芸などを通して、症状安定に向けての援助、対人関係の改善、基本的な日常生活への援助、社会生活への援助を行います。

身の回り品

【主に必要なもの】

■衣類 ■スリッパ ■洗面用具 ■コップ ■運動靴 ・・・・など

刃物や工具、火気類などの危険物やアルコール類などの持ち込み、所持はできません。
また、症状によって、所持品の制限をさせて頂く場合がございます。

院内設備・通信

■ 売店 / 橘病棟1F (平日)9:00〜17:00 (土日・祝日)10:00〜16:00
■ 公衆電話 / 各病棟に設置しています。
■ 郵便 / 病院から発送できます。病棟スタッフにお尋ねください。
■ 喫煙 / 全館・敷地内禁煙です。

金銭管理

金銭の管理は自己管理でお願いします。鍵付ロッカーなど、鍵のかかる場所で保管をお願いします。
盗難、紛失等などの責任は負いかねますので、十分ご注意下さい。
病状等により自己管理が困難な場合、病院による金銭管理をお申込みできます。(有料)
詳細については、ケースワーカーにお尋ねください。

入院料等の支払い

入院料等は月末締め切りで計算し、翌月中旬に計算書を送付します。
退院の際には、総合受付で入院料等をお支払い下さい。
納入期限(退院の時は退院日)までに総合受付・銀行・郵便局でお支払いください。
(納入期限までにお支払いいただけない場合、所定の延滞金が発生します。)

退院手続き

退院に際してのお問い合わせなどは、お気軽にご相談ください。
退院日には、入院料等のお支払い後、医師との面談、退院後の外来通院やデイケア参加・訪問看護などの説明を行います。

その他

  • 症状やその時の状態に応じて制限等があることがあります。ご了承下さい。
  • 周囲や職員に対しての暴言、暴力等があった場合、当院での治療をお断りすることがあります。
  • 無断での写真撮影(携帯含)や録音機での録音などはお断りしています。
  • 医療は本質的に不確実な面があります。治療中に不測の事態が起こりうることや最善と思われる治療を行っても最高の結果が得られるとは限りません。医療には限界があることをご承知おき下さい。
  • 医療は患者さんご家族と医療者側とが信頼と協力で作り上げるものです。私たちもできる限り情報の提供に努めますが、治療中の病状の変化やこれまでにない生活や環境の変化などの情報はお伝え下さい。
  • 医療は患者さんご家族と医療者側が合意のもとに行うもので、納得できなければ拒否もできます。ただし、緊急やむをえない場合は同意を得ずに医療を優先する場合があることをご了承下さい。
  • 患者さんの個人情報は、本人の申し出があれば原則として提供を行っておりますので、担当の受付または地域連携・医療相談室までお申し出下さい。
ページ最上部へ